スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< やっぱり気になる | main | もうひとつのクァンタムという名前の由来 >>

松果体は、振動するのか

話がしつこくなったので、改頁して、あらためて書きます。
夢の中での、小人の顔だけでなく、全身がぷるぷると振動しているのを見て、この振動がどうしても気になるので、さらに書いてみます。

松果体とか松果腺という話題になると、やはりなんといってもヨガの分野が強いでしょう。
というわけで、しっかり内容を忘れた昔の本を引っ張り出してみました。お年寄りには懐かしいかもしれませんが、M・ドリールの「ヨガの真義」霞ヶ関書房の本です。
ヨガといって、ドリールを持ち出してみるのがなんとも奇異かもしれませんが。

301ページ。
「そのための行法としては、まず、われわれが松果腺と呼んでいるところの内分泌腺を振動させることから始めるのである。外へエネルギーを放射することからはじまる。まず、ゆっくりと松果腺を振動さし、だんだん速度を早め、しまいには、松果腺全体をものすごい速さで振動させる。それが出来てから、バイブレーション(振動)に調整が起こり、振動律の変化がおこってその振動による放射線のようなものが、頭の内部で、松果腺の周囲のある霊的中心点へ放射されるのである。この振動が霊的中心にまでとどく様になるには、大体二時間ほどかかるであろう」

ドリール説だと、この松果腺は、魂と、身体のつなぎ目のようなもので、言い換えると、非時間的、非空間的な意識と、空間、時間的な意識をつなぐ中枢のようなものだという話。で、まずは松果腺を活性化しないことには、脳にあるほかの要素も活性化してくれないので、まずはこれが、入り口になるということ。
松果腺あるいは松果体そのものは、物理的な面からだけ見ると、もちろん身体機能だけに関係していることになるが、身体的な作用だけに限らない組織を、物理的に観察するだけでは、それは当然役割は理解できないことになるでしょう。なので、ここでは、生理学的な知識、一般に言われている機能という知識に全面的に依存すると、間違った判断になるということですね。

夢の中で、ぷるぷる震える感じに心引かれ、興味深かったので、いまだにこだわるのですが、ドリールのいう、だんだん速度を早めるというのは、この速度がそのまま、同調する世界を決めてしまうということでしょうね。

ちなみに、わたしはこのドリールと、翻訳者は、同じ目をしていると、思っていました。二十代の頃に読んだ本なので、その頃にそう思ったのです。で、さらに、同じドリールの団体の右腕みたいな女性の場合も、同じ光り方をしていて、びっくりしました。いわば、感情のないガラス状の目です。この目があまりにも特徴的だったので、ドリール関係には興味を持ってしまったのですが、必ずしも、それは肯定的な意味で解釈していたわけではありません。脳がちょっと・・・と思っていました。

わたしたち、社会共同体に属する人々は決して同調することのない世界に同調して、その振動が身体を貫くと、そういう目になるのではと思います。これは松果腺の振動に関係あるでしょう。
振動しているときは、体感でわかるはずです。
たとえば、モーツァルトの音楽を聴くと、弦楽器の合奏の音で、頭の中心がジーンと響くような印象を受けるはずです。頭の真ん中を、ハケでこすられているような感触。ちょっとしびれるような。音と音を組み合わせると、単独の弦楽器では決して出てこない周波数が出てくるのですね。あれは、物理的に、ある振動が、頭の真ん中を刺激しているわけで、それをモーツァルト効果と言ってるはずです。

松果腺は同調装置として使われる可能性がある。しかし一般の場合にはそのような使い方をしていない。日常的なことの同調に使われている。しかし、ドリールの言うように、ここに「振動をかけて」違うものにチューニングすることは可能である。ドリール団体の人々は、まったく同じものにチューニングしていた。同じものに同調していると、同じ目になるということでしょう。
これは、ドリールの本をそのまま受け取れば、地球内部の世界とか、ホワイト・ブラザーフッドということになるけど、実際にはわかりません。

ちなみに、夢の中で、バッタを頭に乗っけるゲームをしていたのは、わたし以外に、二人くらいいました。
| 名前の由来 | 10:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 10:46 | - | - | pookmark |
Comment
頭部隆起現象を言うすばらしい事実がすでにあります。これは第3の眼を開くひとつの兆候でしょうか?
2009/02/22 6:02 AM, from ユリア









Trackback
url: http://daisannome.jugem.jp/trackback/4

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM